toggle
小ロット専門オリジナルTシャツプリント~日本で一番パーソナルなTシャツ工房~
2019-10-14

制作事例「同窓会Tシャツ」

 

どうも、堺Tシャツ工房代表の片岡です。

今回は制作事例のご紹介です。

ボディーはロングTシャツ「GILDAN76400」プリント方法はカッティング転写です。


ボディーについて

このボディーは当工房の定番の綿Tシャツと同じ生地の長袖Tシャツです。

北米メーカーのものですが、日本人に似合うシルエットになっていて、スッキリと着こなせます。

肌触りがよく、なじみもよいボディーです。

今回は秋の同窓会ということで、長袖をお勧めしました。

プリントについて

今回は単色がつ単純なデザインなので定番のトナー転写ではなく、カッティング転写という加工を行いました。

カッティング転写は、大きなラバーシートを専用の機会でデザイン画にそって切っていきます。

不要部分を取り除き、プレス機でボディーに転写していきます。

デザインについて

今回のデザインは手書きの案と、校章データを頂戴してそこから制作いたしました。

フォントや文字のバランスはお勧めということだったので、誰が着ても似合うようにシンプルなもので仕上げました。


同窓会でのTシャツ制作もよく承っています!

みなさんでお揃いで着られる時もあれば、ビンゴなどの景品に作られることもあります。

母校のグッズってのはやっぱり特別ですよね。

他の人にはなんてない物でも、誰かのスペシャルになるもんですよね!

公式LINE

LINEトークからご相談、ご質問受付中。お得な情報も発信中!!

友だち追加
Follow me
この記事が気に入ったらシェアしてください。
関連記事