toggle
小ロット専門オリジナルTシャツプリント~日本で一番パーソナルなTシャツ工房~
2019-10-15

祭の季節になりました

どうも、堺Tシャツ工房の片岡です。

秋になると大阪各地でふとん太鼓やだんじりが行われます。

僕は堺のふとん太鼓を16歳の時から担いでいます。

令和元年は10月19日(土)が前夜祭、20日(日)がパレードがあります!

気になる方はこちらのホームページを参照ください。

祭礼とTシャツ

Tシャツの他にも店舗では祭礼衣装の地下足袋やパッチの販売をしています。

ですので、祭関係のお客さんが多くいらっしゃいます。

祭と言えば揃いの法被はもちろん、Tシャツも皆さんお揃いでバシッと決めていますよね!

毎年、堺Tシャツ工房でも祭礼Tシャツの制作をさせていただいております。

百舌鳥八幡の町や堺まつり連合会に所属している太鼓台なんかが多く作らせてもらっています。

遠くは河内長野の町なども当工房にご依頼いただいています。

小ロット専門と謳いながらも100枚、1000枚単位の量産もしっかりと行えちゃうんですよね(笑)

団結力の向上

祭など行事でお揃いのTシャツを着ると団結力が増します。

同じ衣装を着るだけで仲間意識がぐんと強くなるんですよね。

これは行事以外でも、企業や店舗にも同じことが言えます。

なんとなく黒って合わせるより、同じ想いの籠ったデザインのユニフォームを着ると気持ちが上がります。

そして、周りからの見られ方もかわります。

スタッフがピシッと揃いの衣装だと雰囲気が締まりますよね。

そして、お客さんからすると誰が関係者なのかわかりやすい。

これは大きなメリットです。

イベントや祭、店舗で質問が合っても誰に聞けばいいのかわからないのはお客さんにとって結構大きなストレスになります。

揃いのTシャツやブルゾンでそこをクリアしましょう。

Tシャツ以外のグッズ

お祭りや企業さんにはTシャツ以外のグッズも人気です。

帽子やパーカーなどの衣類はもちろん、記念のタオルやペンなども好評いただいています。

デザインの相談から、製品についての知識もバッチリ日々インプットしているので、「こんなもん作れませんか?」なんてご質問やご相談も気軽にどうぞ!

フォームからでもLINEからでも受け付けております。

公式LINE

LINEトークからご相談、ご質問受付中。お得な情報も発信中!!

友だち追加
Follow me
この記事が気に入ったらシェアしてください。
関連記事